「デバイス'汎用ボリューム'を今停止できません。」はクリップボードを疑ってみよう

f:id:hyperash:20050218155007:image

USBフラッシュメモリなどをPCから取り外す時、タスクバーのアイコンから「ハードウェアの安全な取り外し」を行うのがWindowsの作法ですが、時々このエラーが出る時があります。フラッシュメモリ内のファイルをアプリケーションで開いたままだったりする時は、そのアプリケーションを閉じればエラーが出なくなることもあるのですが、何もファイルを使用していない状態にしてやっても、このエラーが出てしまって途方に暮れることがあります。

最近うすうす分かってきたのですが、どうもそういう時にはWindowsのクリップボードフラッシュメモリ上の何らかの情報が、亡霊のごとく残っている場合があるようです。エラーが出たらまずは何か別のものをクリップボードに入れてやる(ぼくがよくやるのはデスクトップの何かのアイコンを選択しCtrl+C)ことで、その亡霊がクリップボードから追い出されます。これで「安全な取り外し」ができるようになることが多いです。

はっきりとした理由はまだ分かっていませんがご紹介まで。