<a href="http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai/consult/consult024.html">プロジェクトの危険信号は会議で分かる</a> @ @IT自分戦略研究室

via 圏外からのひとこと
激しく同意。

経験則としては1回のミーティング時間が1時間を超え、ミーティングの議題の半分がその場で決定されなくなると、赤信号という感じです。

1回のミーティングで決める内容が多すぎてとても1時間で終わりそうにない時、またそのようなミーティングが常態化しているような場合は、何らかのコミュニケーションギャップが潜んでいるように思います。

ミーティングに最低限必要な要素は、

  • ミーティングに至る前の意識合わせ(「何を話し合うのか」)
  • ミーティングを通じて決定したアクションアイテム(「このさき何をするのか(誰が、いつまでに)」)
  • 議事録(「何を話し合ったのか」)

これだけだと思います。でも現実は往々にして・・・

がんばろう。