<a href="http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20040616k0000e040072000c.html">社内LAN:メール盗み見ソフト出回る 対策装置効果なく</a>

職場のネットワーク「社内LAN」(ことば参照)内のパソコンから、不正に他人のメールを盗み見したり、パスワードを取得できる技術が開発され、この技術を使った複数のソフトが誰でも入手できる状況になっていることが16日、分かった。盗み見対策効果の高い新型ハブ(集線装置)使用の社内LANでも盗み見されるという。

これは、一体いつのニュースでしょうか?

ネット社会の機密性が根底からくつがえされる深刻な事態といえそうだ。

煽りの常套句ですね。