補足

なお、AurigaDocletの日本語対応の方法を早く知りたい方がいらっしゃれば、この日記にコメントを書き込んでください。最終的にはSourceForge.netのほうにパッチを送り、本体に取り込んでもらえればなあ、と考えていますが、ぼくの英語力を考えるとちょっと時間がかかると思います。