Windows Server 2003のクライアントアクセスライセンスの数え方

日経IT Proより。


それに対してWindows Server 2003では,ライセンスの使用許諾契約書に「CALが不要となる条件」だけが記されるようになった。そこで示された条件は「インターネットを経由した匿名アクセスの場合のみ」。他の用途では必ずCALが必要になったのである。



つまり、イントラネット内で2003 ServerをサーバーにしてWebグループウェアを使用するような場合でも、人数分のCALが必要になるということらしいです。Windows 2000 Serverの時は不要だったんですが。ふーん。

グループウェア屋さんは大変かもしれませんが、
google:サイボウズ "Windows Server 2003" CAL
まだ出てこないですね。